一生的辅助

一目連

Hackroid 一直以来都是一个辅助呢。

风神之佑

传记·一

从这里能看到森林里有一根腐朽的柱子,对吧?

那里以前有一座神社。供奉着风神的、十分壮丽的神社。

有一次,连续几日风雨不断,洪水将要淹没山下的村子。村民们纷纷来这里祭拜,祈求神明能够保护他们。

不过风神掌管的是风,而不是水,原本是无法抵御洪水的。但是风神还是强行让洪水改道,最终保护了这座村子。

代价是牺牲了自己的一只眼睛。

当灾难过去,人们却逐渐忘记了这位神明,他们慢慢地都离开了这里,神社也渐渐废弃了。

传记·二

不过神明并没有忘记自己的信徒。

他仍然每天都会在这条路上、这座神社边,等待着信徒的到来。可是却没有人来,一个人也没有。神明日复一日,年复一年地等着,直到路上的石阶长满青苔,神社里也落满了灰尘。原本壮丽的神社,也只剩下这一根腐朽的柱子了。

神明独自一人,在这里度过了漫长、漫长的岁月。

最终没有信徒的他,失去了作为神的资格,他本来应该孤独地消失在这森林里。

传记·三

可神明选择了堕为妖怪。

堕为妖的风神,无法再给他的子民带来福祉。但他仍然希望,用自己的力量,继续庇佑大家。即使是作为妖怪,他也会继续守护这里。

故事说完了。

······原来我这几百年的岁月,不过只是这样一个简单的故事。

風の子守唄

連れ去られて行った不二子忘れなかった毎日社殿の傍らに立ち自分が訪れるのを待った来る日も来る日も待ったいくつもの冬が過ぎてそれでも彼はマジで助けた石玉苔に覆われたそれで走ろう一本残すのみとなった終わらないほど長い年月を神はたった一人ここで過ごしたそして家を失ったせいで失われた本当ならこのまま森の中に消えていくべきだったのだろう神は妖怪に堕ちる道を選んだ了解となった今ではもはや氏子に福をもたらすことは叶わないそれでも彼は自分の力で見直しをしたいと願ったのだ例え怪しき姿になろう誰もずっとこの場所を見守っているだろうお話はこれで終わりだなこんなおとぎ話に過ぎなかったら

(不完整版,且有错误,待续)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
見るない。
森の中に一分の口と柱が立っているだろう。
マルクス神社の本殿になったものだ。
風神を待つとドイツ壮麗な神社だった。
私たち。
私の夜が続き。
右下の村の洪水で飲み込まれそうになった。
村人たちは変わるので一日。
上に助けを。
その日風神とは風をつかさどる。
水を意のままに操ることができないどうしてこう水を止められ。
それでも風神視力を尽くして水の流れる化したグラフ守りきった。
しかし対象として。
おめ失うことになった。
実際長さ月日が流れた。
村人の一人また一人とかその血を話した。
求人が擦れする人でもまた廃れていく。
家。
風神は氏子を忘れなかった前に書店の片割れに立ち打ち込む訪れるのを待った。
来る日も来る日も全く。
いくつもの冬すぎて。
それでも彼は待ち続けた。
石段は苔に覆われ。
笑北に埋もれてヒット。
壮麗な分、。
やがて走ろう一分残すのみとなった。
終わらないほど内の一室九組はたった一人。
ここで過ごした。
そしてうんちくを失った青年期見てる資格さえ失われた本当なら。
このまま森の中に消えていくできたのだろう。
だから髪を紫に落ちる道を選んだ。
四回との問いませんもはや氏邦福をもたらすことがかなわないそれでも彼は自分の力で見直しをしたいと願ったので。
例えば屋敷姿になろうとずっとこの場所を見守っている。
お話をくれてました。
なんです百年花。
君のおとぎ話に過ぎなかったのか。
Author: Hackroid
Link: https://blog.hackroid.com/2019/04/11/%E4%B8%80%E7%94%9F%E7%9A%84%E8%BE%85%E5%8A%A9/
Copyright Notice: All articles in this blog are licensed under CC BY-NC-SA 4.0 unless stating additionally.